日馬、困惑の黒星 ブーイング余波に「次の一番のことも考えて」

[ 2017年3月26日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2017年3月25日    エディオンアリーナ大阪 )

<春場所14日目>日馬富士(右)を寄り倒した玉鷲
Photo By スポニチ

 日馬富士が、照ノ富士と琴奨菊の一番の余波に巻き込まれて、玉鷲に完敗した。

 照ノ富士の注文相撲で琴奨菊の大関復帰が消えたためか、場内から「もう応援しない」などと次々と照ノ富士へブーイングが浴びせられた。異様なムードは次の日馬富士の一番でも消えず、集中力を欠いた横綱はあっさり土俵を割った。「集中できなかった。ケガをすると思った。あんなブーイングは初めて。どうしても聞こえます。次の一番のことも考えて」と、仕度部屋でも困惑していた。一方で「玉鷲は強くなった」と相手の成長も認めていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月26日のニュース