八角理事長 出場の稀勢を評価も 千秋楽心配「あの状態では…」

[ 2017年3月26日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2017年3月25日    エディオンアリーナ大阪 )

 八角理事長(元横綱・北勝海)も稀勢の里の内容に不安感を抱いた。得意の左を差すことができない敗戦に「(負傷が差し手の)左だしね。でも精いっぱいできることはやっている。思うようにいかないが、今の精いっぱいを出せばいい」と、とにかく力を出し切ることを求めた。

 優勝のためには千秋楽で照ノ富士に本割と優勝決定戦に連勝しなければならない。最初の難関、本割について、「あの状態では(厳しい)」と展開を予想した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月26日のニュース