宇良“宝刀”不発 星五分で臨む千秋楽で「勝ちたいと思います」

[ 2017年3月26日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2017年3月25日    エディオンアリーナ大阪 )

 新入幕の宇良が錦木に“伝家の宝刀”の反り技を仕掛けたが、不発に終わった。

 立ち合いは低く行き、相手の左脇に頭が入ると、関学大時代に得意とした大技のスイッチが入った。「流れですね」と、自然に出た動きだった。しかし、惜しくも頭が脇から抜けてしまい、これで7勝7敗。千秋楽に勝ち越しを懸けることになり、「あと一番、勝ちたいと思います」と柔らかい表情で仕度部屋を後にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース