谷原ベスト4進出!マスターズ出場ほぼ当確 準決勝では世界1位と対戦

[ 2017年3月26日 06:46 ]

決勝トーナメント1回戦でティーショットを放つ谷原
Photo By AP

 谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)の勢いが止まらない。世界ゴルフ選手権シリーズ、デル・マッチプレー第4日は25日、決勝トーナメントの1回戦と準々決勝が行われ、世界ランキング60位の谷原は21回戦で同16位のポール・ケーシー(39=英国)に2アンド1で勝利すると、準々決勝でも同53位のロス・フィッシャー(36=英国)に4アンド2で勝利を収めた。

 準決勝では同1位のダスティン・ジョンソン(32)と対戦する。

 1番でボギーを叩き先手を取られた谷原だが、2番でフィッシャーがダブルボギーを叩き、3番では谷原がバーディーを奪い逆に1アップに。5番ではフィッシャーがバーディーを奪ってオールスクエアとなったが、続く6番から4連続で谷原が取って4アップに。そのまま優位を保ち、2ホール残して4アンド2で快勝した。

 4強入りを決めたことで今大会で世界ランクを50位以内に上げ、マスターズ出場権を得ることがほぼ当確となった。

 ▼谷原秀人の話 ベスト4までは望んでいなかったが、いいプレーができてうれしい。相手のミスと僕のいいショットがうまくかみ合ってポイントが取れた。負けて当たり前と思ってリラックスしてできている。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース