遼100位予選落ちも「いい感じを得たところもある」次戦へ前向き

[ 2017年3月26日 05:30 ]

 24日は日没サスペンデッドとなり25日に第2ラウンドの残りを消化して順位が確定。70で回った石川遼(25=CASIO)は通算イーブンパーで100位、77の岩田寛(36=フリー)は3オーバーで120位と、ともに予選落ちした。65で回ったブライソン・デシャンボー(23=米国)らが通算11アンダーで首位に立っている。

 石川は前向きな言葉を並べた。第1日の出遅れを取り戻せなかったものの3バーディー、1ボギー。「1番と2番以外はかなりいいゴルフができた。次はもっといい結果が望める」と表情に暗さはなかった。今季は公傷制度で20戦に出場が認められ、これが10戦目。苦しい戦いが続く中で、先につながるプレーの感触を重視している。「いい感じを得たところもあるので、その部分を続けていくだけ」と今できることに意識を向けた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース