奈沙ドキドキの予選突破 コツコツ重ねるバーディーで上目指す

[ 2017年3月26日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー起亜クラシック第2日 ( 2017年3月24日    米カリフォルニア州カールズバッド アビアラGC=7506ヤード、パー72 )

第2ラウンド、10番でバーディーを決め笑顔の畑岡奈紗=アビアラGC
Photo By 共同

 宮里藍(31=サントリー)と野村敏京(24=フリー)は69と伸ばして通算3アンダー、141で首位と6打差の18位に上がった。18位から出た畑岡奈紗(18=森ビル)は72で2アンダーの29位。71で回った宮里美香(27=NTTぷらら)はイーブンパーで49位となった。クリスティ・カー(39=米国)が通算9アンダーでトップ。上原彩子(33=モスバーガー)は2オーバー、横峯さくら(31=エプソン)は7オーバーで予選落ちした。

 強風の中で3バーディー、3ボギーにまとめて予選を通過した畑岡は「ドキドキしながらプレーした。第一目標をクリアした」と安どの表情だった。出だしの10番パー5で第2打をグリーン右カラーまで運んで伸ばすなどショットは上々。一方でグリーンにはてこずり3パットが2度あった。次週のメジャー初戦ANAインスピレーション出場権を得るには賞金ランキングを102位から80位以内に上げなくてはならない。「20位に入ればチャンスがある。コツコツとバーディーを重ねたい」と明確な目標を定めた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月26日のニュース