ウィザーズ 苦手のロードで3連勝 1位キャバリアーズとのゲーム差2・5に

[ 2017年3月26日 15:38 ]

キャバリアーズのジェームズをかわしてシュートに持ちこむウィザーズのウォール(AP)
Photo By AP

 NBAは25日に各地で5試合を行い、東地区全体3位のウィザーズは敵地クリーブランドで1位キャバリアーズを127―115(前半71―61)で下して45勝28敗。苦手のロード(16勝18敗)で強敵をなぎ倒して3連勝を飾り、2位セルティクスとのゲーム差を2、1位キャバリアーズとのゲーム差を2・5とした。

 球宴に出場したガードのジョン・ウォール(26歳)が37得点を挙げれば、ブラドリー・ビール(23歳)も27得点をマーク。両ガードが奮闘して貴重な白星をもぎとった。

 キャバリアーズは47勝25敗。レブロン・ジェームズ(32歳)が24得点、11リバウンド、カイリー・アービング(24歳)は23得点を稼いだもののホームで手痛い黒星を喫した。

 東地区全体4位のラプターズは敵地ダラスでマーベリクスを94―86(前半54―44)で退けて44勝29敗。球宴に出場したガード、カイル・ラウリー(30歳)を依然として欠く布陣だが、粘り強い試合運びで勝利を収めて5連勝を飾った。

 マーベリクスは31勝41敗。残り10試合となった段階で西地区全体8位のナゲッツとは4ゲーム差となり、プレーオフ進出はきびしい状況となった。

 西地区全体5位のクリッパーズは地元ロサンゼルスで4位ジャズに108―95(前半49―41)で勝って44勝30敗。8試合を残して6季連続のプレーオフ進出を決め、ジャズとは0・5ゲーム差となった。

 ジャズはセンターのルディー・ゴベール(24歳)が26得点と14リバウンドをマークしたが苦杯。ここ5戦で4敗目を喫した。

 西地区全体2位のスパーズは地元サンアントニオでニックスを106―98(前半61―43)で振り切って56勝16敗。カワイ・レナード(25歳)が29得点を記録して4連勝を飾り、1位ウォリアーズに2ゲーム差と詰め寄った。

 スパーズはサンアントニオで27日にキャバリアーズ、29日にウォリアーズと対戦。チームにとってはこの2試合が正念場となりそうだ。

 ニックスは27勝46敗。カーメロ・アンソニー(32歳)は左膝の故障で2試合連続で欠場し、チームは5連敗となった。

 西地区全体9位のトレイルブレイザーズは地元ポートランドでティンバーウルブスを112―100(前半60―46)で下して34勝38敗。C・J・マッカラム(25歳)が32得点をマークし、ここ13戦で10勝目を挙げた。

 ティンバーウルブスは6連敗で28勝44敗。ロードでは7連敗となった。

 <東地区全体順位>

(1)*キャバリアーズ(47勝25敗)(2)*セルティクス(47勝26敗)(3)*ウィザーズ(45勝28敗)(4)ラプターズ(44勝29敗)(5)ホークス(37勝35敗)(6)バックス(37勝35敗)(7)ペイサーズ(36勝36敗)(8)ヒート(35勝37敗)(9)ブルズ(34勝39敗)(10)ピストンズ(34勝39敗)(11)ホーネッツ(32勝40敗)(12)76ers(27勝45敗)(13)ニックス(27勝46敗)(14)マジック(27勝46敗)(15)ネッツ(15勝57敗)

 <西地区全体順位>

(1)*ウォリアーズ(58勝14敗)(2)*スパーズ(56勝16敗)(3)*ロケッツ(50勝22敗)(4)ジャズ(44勝29敗)(5)*クリッパーズ(44勝30敗)(6)サンダー(41勝30敗)(7)グリズリーズ(40勝32敗)(8)ナゲッツ(35勝37敗)(9)トレイルブレイザーズ(34勝38敗)(10)マーベリクス(31勝41敗)(11)ペリカンズ(30勝42敗)(12)ティンバーウルブス(28勝44敗)(13)キングス(27勝45敗)(14)サンズ(22勝51敗)(15)レイカーズ(21勝51敗)

 *はプレーオフ進出が確定。ポストシーズンに参加できるのは両地区上位8チーム。 

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月26日のニュース