照ノ富士 単独トップも変化に怒号 批判承知の“計画”迷わず

[ 2017年3月26日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2017年3月25日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲14日目>照ノ富士
Photo By スポニチ

 怒号に包まれた。10勝で大関復帰する琴奨菊との一番。怪力・照ノ富士が一敗も許されない相手との一戦で、らしからぬ姿を見せた。立ち合いで変化し、一瞬で決着がつくと、期待を裏切られた客席から「帰れ!」「勝負しろ」の声が飛んだ。

 「一度(変化しようと)決めちゃったら、迷ったらアカン」。計算ずくだった。批判も承知でとにかく勝利にこだわった。仕切り中は眉間にしわを寄せ、鬼の形相。そこからは変化の雰囲気など感じさせなかった。不成立となった最初の立ち合いはタイミングがずれたが、“待った”にも気持ちは変わらない。2度目の立ち合い、手を突いた照ノ富士は描いた通りに巨体を右へ動かし低く踏み込んできた琴奨菊の頭を右手で押さえてはたき込んだ。

 16年初場所を途中休場し、左膝半月板を手術。その後はカド番を繰り返した。ところが、今場所は「痛みがなくなっているわけじゃない」ものの、ケガをして以降、一番稽古ができるまで順調に回復した。しかし前日の鶴竜戦で患部を痛め、片膝に1カ所だったサポーターは左膝だけ上下2カ所に巻いて固めて出陣。それでも、「大丈夫」と強調した。

 稀勢の里が敗れて単独トップに立ち15年5月以来、2度目の優勝へ大きく前進。千秋楽では逆転の可能性を残す新横綱と向かい合う。カド番からも脱し、11場所ぶりに優勝すれば、来場所は綱獲りの可能性がある。だが、この日の注文相撲に審判部長の二所ノ関親方(元大関・若嶋津)が「ガッカリだったよ。ブーイングが凄かった。分かるよ。内容もあるよね」と言えば、八角理事長(元横綱・北勝海)も「魅せるという意識だね」と課題を挙げた。

 「全力でやるだけ」と気合を入れ直した照ノ富士にとって千秋楽は真価を問われる大一番となる。

 ▼最近の照ノ富士 カド番で迎えた昨年名古屋場所は千秋楽に勝ち越し8勝7敗。秋場所は4勝11敗。自身3度目のカド番となった九州場所は8勝7敗。今年初場所は9日目から7連敗で負け越した

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月26日のニュース