三原舞依「一番いいシンデレラに」ラッキーカラーで世界選手権出発

[ 2017年3月26日 12:46 ]

関西空港からフィンランドに出発した三原舞依
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権(29日から、フィンランド・ヘルシンキ)に出場する女子の三原舞依(17)が26日、出発前の関西空港で取材に応じた。「好きな色」という濃紺のコートを着て、カバンにも青の飾りを付けていた。“ラッキーカラー”の青をまとっての出陣。エース宮原が故障で欠場するため、四大陸選手権に優勝したシンデレラガールにエースとしての期待がかかる。

 「すごく大事な大会。私が頑張って変わるわけではないけど、代表に選んで良かったと思ってもらえる演技をしたい」

 今大会は18年平昌五輪の出場枠「3」がかかる。樋口、本郷の3人のうち上位2人の合計順位が13位以内に入らなければ、最大出場枠をつかむことはできない。フリーの演目は「シンデレラ」。「一番いいシンデレラにしたい」と、主役を演じる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年3月26日のニュース