古賀 50M背泳ぎで金メダル リレーは日本記録も3位

[ 2016年12月11日 05:30 ]

競泳 世界短水路選手権 ( 2016年12月9日    カナダ・ウィンザー )

 競泳の世界短水路選手権はカナダ・ウィンザーで9日に行われ、男子50メートル背泳ぎで古賀淳也(第一三共)が22秒85で金メダルを獲得した。

 女子50メートルバタフライで16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が25秒32、女子400メートル自由形で五十嵐千尋(日体大)が3分59秒41でそれぞれ短水路日本記録を更新して銅メダルを手にした。

 男子100メートル個人メドレーで瀬戸大也(JSS毛呂山)が52秒01で2位、塩浦慎理(イトマン東進)は3位だった。男子200メートルリレーで日本(松井、伊藤、塩浦、古賀)は1分24秒51、同800メートルリレーの日本(小堀、瀬戸、天井、松元)は6分53秒54でそれぞれ短水路日本記録を上回り、3位になった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月11日のニュース