京産大、明大下し8強 慶大は抽選勝ちで進出 全国大学選手権

[ 2016年12月11日 16:38 ]

<明大・京産大>強豪明大を撃破し、歓喜の京産大フィフティーン
Photo By スポニチ

 ラグビーの全国大学選手権第3日は11日、東大阪市の花園ラグビー場などで3回戦4試合が行われ、京産大(関西3位)同大(関西2位)大東大(関東リーグ戦3位)慶大(関東対抗戦4位)が8強入りした。

 京産大はFW戦で優位に立ち、明大(関東対抗戦3位)を26―22で破った。同大は展開力で上回り、中大(関東リーグ戦4位)に42―3で大勝。大東大は福岡工大(九州代表)を95―12と圧倒し、流通経大(関東リーグ戦2位)と31―31で引き分けた慶大は抽選の末に準々決勝に進んだ。

 8連覇を狙う帝京大(関東対抗戦1位)は17日の準々決勝から登場し、大東大と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月11日のニュース