ショートトラック男女リレー 決勝ならず

[ 2016年12月11日 05:30 ]

 スピードスケート・ショートトラックのW杯第3戦第2日が10日、中国・上海で行われ、リレー準決勝で日本は女子が3着、男子が4着で決勝に進めず、ともに11日の5~8位決定戦に回った。

 男子1500メートルの渡辺啓太(阪南大)は10位。準決勝で3着となり、8~12位決定戦でも3着だった。女子1500メートルの斎藤仁美(オーエンス)は準決勝で3着、8~12位決定戦では4着で11位に終わった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月11日のニュース