美帆 1500Mで3位 前週初優勝から連続表彰台

[ 2016年12月11日 05:30 ]

スピードスケートW杯第4戦 ( 2016年12月10日    オランダ・ヘーレンフェイン )

女子1500メートルで3位に終わり、悔しそうな表情の高木美帆
Photo By 共同

 前週、女子1500メートルで初優勝した高木美は、1分56秒08とさらにタイムを0秒28縮めて3位に入り連続の表彰台となった。

 ただ、目標としていた1分55秒台にはわずかに届かず、表情には悔しさものぞいた。第3戦を回避した五輪金メダリスト、オランダのブストと同走。優勝した強敵に0秒74差でゴールした。同じく前戦を欠場した米国のベルグスマもきっちり1分55秒台で滑って2位に入った。「常にチャレンジャー」と口にする伸び盛りの22歳が、強豪が照準を絞る世界距離別選手権や五輪でメダルを手にするには、いっそうの地力アップが必要だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月11日のニュース