東海大 ルーキーパワーで上位へ!エース候補も1年生

[ 2016年12月11日 05:30 ]

第93回箱根駅伝

<箱根駅伝・監督トークバトル>トークバトルを繰り広げる(左から)青学大・原監督、東洋大・酒井監督、駒沢大・大八木監督、早大・相楽監督、東海大・両角監督
Photo By スポニチ

 東海大は、ルーキーパワーで青学大の牙城を崩す。

 エース候補の関を筆頭に、エントリーメンバーの半分を1年生が占めた。出雲駅伝は新戦力がそろって好走して3位に食い込んだ。全日本駅伝では「チームに感染症がまん延して」(両角監督)7位に終わったが、箱根では総合3位を目標に掲げる。これまで1年生の担当だった寮の掃除当番や電話番も部員全員で分担するなど、若い力を十二分に生かす態勢も整えてきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月11日のニュース