17歳メドベージェワ 真央超え歴代最高点79.21

[ 2016年12月11日 05:30 ]

GPファイナル第2日 ( 2016年12月9日    フランス・マルセイユ )

<GPファイナル女子SP>世界最高得点を更新したメドベージェワは「セーラームーン」の「黒猫ルナ」と一緒に笑顔
Photo By スポニチ

 浅田真央が14年世界選手権で出した世界歴代最高得点が塗り替えられた。

 新記録を打ち立てたのは2連覇を狙う17歳の世界女王のメドベージェワ。連続3回転など全てのジャンプを、得点が1・1倍になる後半に完璧に決める圧巻のパフォーマンスだった。「うれしいけれど、満足しきっているわけではない。(記録は)ゴールではない」と淡々と話す姿は末恐ろしい。日本スケート連盟の鈴木芳子強化部長は「(浅田とは)スピンのレベル(評価)の取り方も違う。時代が違うので単純には比較できない」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月11日のニュース