開始5分で25センチニジマス 「大物釣りたい」思い増す

[ 2018年11月22日 15:05 ]

3投目で1匹釣り上げたのだが…
Photo By スポニチ

 【釣りガール参上!】都心からアクセスが便利な管理釣り場として人気なのが神奈川県川崎市の「ベリーパーク イン FISH ON!王禅寺」。中古釣り具専門店「タックルベリー」のキャンペーンガール「ベリーガールズ」の“ともちん”こと岸谷知果(25)がトラウト釣りに挑戦した。(笠原 然朗)

 ルアー専用のイチロー池を囲む木々の紅葉はこれからで、水温も例年より1度ほど高い14〜15度で推移。「人間が上着を脱ぎたくなるような天気の良い、暖かい日はトラウトも元気がない」と話すのは同釣り場のインストラクター・永井浩明氏。

 だがこの日は運良く曇り空。「全く自信がありません。どうしよう…」と話す岸谷に「いま小さな虫が飛んでいますね。魚はこの虫を食べています。まずは表層を狙いましょう」と永井氏はクランクベイト「ZANMU35MR」を選択。30メートルほどキャストして、ロッドを岸谷に手渡し「ゆっくり巻いてきてください」。それを繰り返すこと3回。「なんか掛かっています〜」。開始5分で25センチほどのニジマスが釣れた。

 半分、釣らせてもらったとはいえ、岸谷もあまりの“早業”にびっくり。ベリーガールズのユニフォームのレオタード姿で写真に納まった。

 だがそうは簡単にいかないのが釣りだ。「ピクッと当たりがあるのは分かるけど魚が食べてくれない」とキャストを繰り返す岸谷に、「最初の方に釣れちゃうとそのパターンを引きずって釣れないことが多々あります」と永井氏の一言。ルアーを換え、キャストするスピードに変化をつける。「刻々と変化する状況に対応するのが大切です」。

 現在、スーパーGTなどのレースクイーンとしても活躍。将来はその世界で頂点を目指したいと話す岸谷は「釣り以外でも役に立ちそうな教えですね。釣りって奥が深い。勉強になります」。

 その後はルアー、フライ、テンカラ専用ポンドの「ジロー池」に舞台を移し、スプーンで40センチ超の大物を狙うが当たりはなく無念の時間切れ。

 この日、「忍耐」を学んだ岸谷だが、同時に「大物を釣りたかったなぁ〜」の思いが釣り初心者の胸に芽生えた。きっと次はある。

 ▼釣況 「ベリーパーク イン FISH ON!王禅寺」(神奈川県川崎市麻生区王禅寺1227の2)=(電)044(959)0037。営業時間は午前6時から午後9時半。年中無休。料金は3時間券が男性2800円(休日3400円)、女性、中・高校生2100円。小学生以下1400円。ほか各券種、会員料金あり。 

 ◆参加者募集 あす23日(祝)、ベリーパーク イン FISH ON!王禅寺」では「第5回チャリティー釣り大会」を開催。これは子供虐待防止オレンジリボン運動の一環で行われるもの。参加費の3000円は神奈川県社会福祉協議会を通じて同県内の児童養護施設の入所者らに全額寄付。定員は100人。チャリティーオークションも開催する。問い合わせは同釣り場まで(電話番号は別掲の「釣況」欄で)

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る