PR:

海の王様マダイ 40センチ連発からの…来た!55センチ

和歌山県みなべ町

この日、船上で一番の大物・55センチのマダイを釣り上げた大阪市・永田冬至生さん
Photo By スポニチ

 黒潮の蛇行が収まらず、全体的に魚の釣れだすタイミングが遅れ気味だった紀州沖。ファンの多いマダイもその一つだったが、ようやく大物が釣れだしたというので早速、和歌山県みなべ町の堺漁港から出る「純栄丸」へ。プリプリ太った“海の王様”釣りを堪能した。(スポニチAPC・矢野 貴雄)

 5月27日の午前5時。私を含め8人が乗った船は堺漁港を出て、みなべ町沖のポイントへ向かった。約30分たったところで潮の流れを確認。上り潮で、かなり期待できそうだ。

 魚探レーダーで確認しながら、アンカーを投入。水深は70メートル前後で、底より5メートル上〜10メートル上の間が前日までの当たり棚ということでまず5メートル上げたところから誘うことにした。

 エサは針先も、カゴに入れるマキエもともに沖アミを使用。底まで沈めた仕掛けを5メートル巻き上げ、少し待ってなじんだところでサオをあおり、カゴからエサを振り出す。次に少し巻き上げ、マキエと針が同期するように調整し、アタリを待つ。

 すると、いきなり1投目から来た!ただ、アタリは小さく、何かエサ取りが突っつくような感じで一向に引かない。船頭さんいわく、小ダイがいるそう。一度巻き上げ、エサを確認することにした。

 巻き上げたときに少し手応えがあったので「何が掛かっているのかなあ?」とワクワクしていたが、姿を見せたのは手のひらサイズのやっぱり小ダイ。何度かエサをまき、アタリを待つのを繰り返していたが反応がなく、移動することになった。

 次も底から5メートル上付近で誘うが反応がないため、10メートル上に変えてみる。すると、サオに先ほどの小ダイと少し違った感触が…。軽くサオ先を上げてあわせてみると、グイグイと引き込む強い引きが伝わってきた。慎重に巻き上げる。サオ先を叩くような引き…これは間違いなくマダイだ。

 海面にピンク色が浮かび上がり、用意されたタモで無事キャッチしたのは、48センチのマダイ。プリプリして、なかなかおいしそうだ。これをきっかけに船上で40センチ前後が連続して何匹か釣り上げられた。

 もう一丁!と気合を入れていると先ほどの棚で再度のアタリ。ただ、どうも引きが違う感じ。水面に見えてきたのはサバで、しかもそこからハリ外れ。ツキがないな〜。

 一方、反対の舷にいた大阪市の永田冬至生さんに大きめが掛かったようで、慎重にやり取りしていた。仕留めたのは55センチとなかなかグッドサイズのマダイ。これがこの日、船上で一番の大物だった。

 サバ交じりで誰かのサオが曲がり続ける状態はここで終了。上り潮がほぼ止まってしまったようで、ピタリとアタリがなくなってしまったところで沖上がりタイムとなった。

 潮のタイミングは日々変わる。チャンスタイムはそれ次第だが、一度はまれば、立派な海の王様がきっと出迎えてくれるはずだ。

 問い合わせは純栄丸=和歌山県日高郡みなべ町670の11、(電)0739(72)5353または090(3033)3549。タイ狙いの時期が終わっても青物狙いのアンダーベイト、夜の赤イカ狙いの便も始まる。

[ 2018年6月13日 12:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:08月16日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス