川崎F 3点リードで折り返しも…後半はボコボコ4失点

[ 2012年12月16日 06:00 ]

<大宮・川崎F>前半、稲本はノヴァコヴィッチ(左)と競り合いながらドリブル

天皇杯4回戦 川崎F3-4大宮

(12月15日 NACK)
 川崎Fは前半と後半で別のチームになった。3点リードで折り返しながら、後半はシュート13本を浴びて4失点。今季ラストゲームとなり風間監督は「後半は受け身になってしまったということ。まだまだ足りないですね」と厳しい表情。

 2得点を挙げた小林も「もう1点取れていれば。そこが足りないところ。最悪です」とうなだれた。チームは16日にミーティングを行い、解散する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年12月16日のニュース