シャルケ 監督を解任、後任はユース担当ケラー氏

[ 2012年12月16日 18:58 ]

 サッカーのドイツ1部リーグで、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケは16日、成績不振からステフェンス監督を解任すると発表した。後任はユースチームを率いるケラー氏で18日のカップ戦から指揮を執る。

 オランダ出身のステフェンス監督は2011年9月に就任。今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメントに進んだが、リーグ戦では6戦連続で勝ち星がなかった。クラブは「監督のこれまでの功績を考えれば解任という決断は容易ではなかった」との声明を出した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月16日のニュース