遠藤が決勝FK弾「すべての試合を決勝戦のつもりで」

[ 2012年12月16日 06:00 ]

<G大阪・町田>後半、FK弾を決め、イレブンとともにゆりかごダンスをするG大阪・遠藤(右から4人目)

天皇杯4回戦 G大阪3-2町田

(12月15日 万博)
 決勝点となる約20メートルのFK弾を叩き込んだG大阪の遠藤は「すべての試合を決勝戦のつもりでやる。最後にしっかりタイトルを獲りたい」と宣言した。

 敗れれば松波監督は解任される方向だった。逆転勝利を挙げたものの、長谷川氏の来季監督招へいが決まり、続投は完全に消滅した。ただ同大会は今後も松波監督が指揮する。日本代表DF今野は「このメンバーでやれるのは、この大会が最後。松波監督と優勝したい」と誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月16日のニュース