岩政が「うれしくない」“主役”鹿島3発逆転8強

[ 2012年12月16日 06:00 ]

天皇杯4回戦 鹿島3-1磐田

(12月15日 カシマ)
 鹿島の逆転勝利の“主役”はDF岩政だ。

 開始15秒に失点に直結する痛恨のクリアミスをしたが、その4分後に小笠原の右CKを頭で合わせて同点弾を記録。「常に失点と隣り合わせのポジションなので、ミスを重ねないことを心掛けた。90分間ずっと気持ち悪かったけど、次のステージに進めて良かった。あんなにうれしくないゴールも珍しい」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月16日のニュース