長谷部痛恨…決定機逃す 乾には脱帽「ドリブルにてこずった」

[ 2012年12月16日 17:23 ]

ブンデスリーガ ボルフスブルク0―2フランクフルト

(12月15日)
 ボルフスブルクの長谷部は前半31分、低いクロスを合わせたが、決められなかった。退場者を出して人数が少ない中、この決定機を逃したのは痛恨で「決めないといけない。あと半歩か一歩、反応を速くすれば入れられた」と唇をかんだ。

 ホームで0―2の敗戦。フランクフルトの乾には2点目を奪われるなど、活躍を許した。長谷部は「本当にアジリティ(俊敏さ)のあるプレーヤーだと思う。やっていて嫌だし、彼のドリブルにはてこずった」と脱帽した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月16日のニュース