永井2戦連発で代表入りアピール 関塚監督に見せた!

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<名古屋・磐田>後半、ゴールを決める名古屋・永井(左は磐田・藤田)

J1第15節 名古屋2-0磐田

(6月23日 瑞穂陸)
 名古屋はFW永井の2試合連続得点でホームの連敗を3で止めた。U―23日本代表の関塚監督が視察した試合。1―0の後半1分、MF藤本とのワンツーで抜け出し、左足で流し込んだ。「ホームで勝ててなかったのでよかった。(藤本)淳吾さんからいいパスが来た。誰でも決められる」と謙遜したが、見事に代表入りをアピールした。

 ロンドン五輪の予備登録メンバー35人に選出されたものの、7月2日に発表される本大会メンバー18人の当落線上に位置。「(関塚監督が)見に来てくれて点も取れた。気負うこともなかった。(ロンドン五輪へ)結果を出し続けられれば」と浮かれた様子はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース