内紛は“影響なし”も…フランス 後半勝負のプラン狂った

[ 2012年6月24日 15:05 ]

欧州選手権準々決勝 フランス0―2スペイン

(6月23日)
 フランスは前半の失点で終盤勝負のプランが狂った。ブラン監督は「前半を0―0で終えられていたら、スペインを苦しめられたのに」と嘆いた。

 スウェーデンに敗れた1次リーグ最終戦後、選手同士が仲間割れをしたという。監督は「準々決勝があったから、すぐにみんなは気持ちを切り替えて準備できた」と内紛で自滅した2年前のW杯と状況が違うことを強調。後半20分には騒動の当事者だったナスリをピッチに投入したが、流れは変わらなかった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース