永里 東日本大震災復興支援のチャリティーフットサル

[ 2012年6月24日 06:00 ]

フットサル大会を開催した永里

 なでしこジャパンのFW永里優季(24=ポツダム)が23日、都内で東日本大震災復興支援のためのチャリティーフットサル大会を開催した。

 約60人が参加。参加費の一部でフットサル用のボールを購入し、宮城県東松島市に送る。前日22日にスウェーデン遠征から帰国したばかりだが、疲れを感じさせず参加者と対戦した永里は「ロンドン五輪で国民の皆さん全員の気持ちを背負って戦うので(被災地の方々も)一緒に戦っていただければ。来年は現地に行って子供たちとふれあいたいですね」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース