スペイン フランスを下し4強進出!ポルトガルとの“イベリアダービー”が実現

[ 2012年6月24日 05:35 ]

<スペイン2―0フランス>先制となるヘディングシュートを決めたスペイン代表のMFシャビ・アロンソ

欧州選手権準々決勝 スペイン2―0フランス

(6月23日)
 ポーランドとウクライナが共催するサッカーの欧州選手権は23日(日本時間24日)、準々決勝の1試合が行われ、連覇を狙うスペインがフランスを2―0で下し、ベスト4進出を決めた。
【試合結果】

 前人未到の主要大会3連覇を狙うスペインは、FWセスク・ファブレガスを起用したゼロトップ”布陣を採用する。フランスはDFドビュシーを中盤で起用し、MFナスリをベンチスタートにするなど守備的な布陣で試合に入る。

 スペインがボールを支配し優位に展開すると、前半19分スペインが先制する。MFイニエスタのスルーパスから、左サイドをDFジョルディ・アルバ抜け出すと、ファーサイドへのクロスにMFシャビ・アロンソが頭で合わせて決める。前半はスペインの1点リードで終了。

 後半は1点を追うフランスが、前線から積極的にプレスをかける。MFリベリが好機を作り出すも、得点にはいたらない。

 スペインは押されるシーンも、DF陣が落ち着いて対応すると、後半46分にMFペドロの獲得したPKをシャビ・アロンソが決めて、勝負を決めた。

 スペインは27日(日本時間28日)準決勝で、ポルトガルとの“イベリアダービー”を戦う。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース