酒井さすがの存在感 好クロスで柏サポ沸かせた

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<柏・鹿島>試合後、柏・酒井(左)はサポーターたちの歓声に応える

J1第15節 柏1-1鹿島

(6月23日 柏)
 ドイツ1部ハノーバーに移籍する柏の日本代表DF酒井のホームでのラストマッチは土壇場で引き分けに持ち込んだ。0―1のまま後半ロスタイムに突入したが、49分にPKのこぼれ球を近藤が押し込んだ。これでチームは5戦負けなし。酒井は後半41分にクロスで好機を演出するなど、厳しいマークに遭いながらも存在感を示した。

 それでも「決定的なパスの精度を欠いた」と満足感はなし。「茨田が(ゴール前で)かき出してくれたことが大きかった」と後半ロスタイムの絶体絶命のピンチを救ったユース時代からの後輩をねぎらった。移籍前のラストゲームとなる30日のアウェーG大阪戦まで残り2試合。「チームが勝てるように何ができるか考えていきたい」と連勝締めを狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース