U23守護神燃えた 権田、五輪デモ完封!

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<FC東京・C大阪>後半、ファインセーブをみせるFC東京・権田(中)

J1第15節 FC東京2-0C大阪

(6月23日 味スタ)
 迷わず、飛び出た。一気に間合いを詰め、シュートコースを消した。前半44分、相手DF高橋と1対1の場面。U―23日本代表の権田が体を張ってブロックした。試合後は「僕がここ(取材エリア)にいるということはセーブシーンが多かったということ。完璧(な試合)ではないですね」と殺到した取材陣を見て笑った。いかにも権田らしい返答だった。

 人知れず燃えていた。U―23代表では絶対的な存在だ。だがロンドン五輪の予備登録選手にはオーバーエージ(OA)枠として清水GK林の名があった。日本サッカー協会の原技術委員長は、権田がケガをした場合の措置と説明する。それでも心中は穏やかではない。「僕らに足りない部分があるということ」と闘志をむき出していた。

 世界的GKがひしめく欧州選手権は1試合につき2度チェックする。五輪まで残り3戦、若き守護神は、追い求めるべき理想のGK像とともにゴールマウスに立ち続ける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース