大前弾も実らず…清水5戦連続白星なし

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<清水・鳥栖>前半25分、清水・大前がPKで先制ゴールを決め、高木(右)に頭をはたかれる

J1第15節 清水1-1鳥栖

(6月23日 アウスタ)
 清水は大前が前半25分にPKで挙げたリーグ戦4試合ぶりの得点を守りきれず1―1で引き分け。5戦連続で勝利からは見放されている。

 オーストラリア代表MFアレックスが、体調不調で先発を回避したことも影響。J1では6クラブ目の通算1000ゴールに王手をかけたが、この日もメモリアル弾はお預けに。アレックスは「食あたりで夜も眠れなかった。(後半の決定機は)W杯アジア予選の日本戦と同じだよ。相手のGKを褒めるしかない」と苦笑いした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース