清武また不発 シュート1本で途中交代

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<FC東京・C大阪>前半、徳永(右)と激しく競り合う清武(中)

J1第15節 C大阪0-2FC東京

(6月23日 味スタ)
 移籍へのカウントダウンが始まっているC大阪の日本代表MF清武だが、またしても不完全燃焼に終わった。敵地でのFC東京戦に左MFとして先発出場。前半35分にカウンターからMF金ボギョンにスルーパスを通して決定機を演出するも、次第に存在感は薄れていく。シュートわずか1本で、負けている状況で後半34分にベンチへと下げられた背番号8。7月からドイツ1部・ニュルンベルクに加入することが決まっている中、これで2試合連続途中交代の憂き目となった。

 「また試合があるんですぐに切り替えます。自分よりチームなんで、あと2試合だから集中して全力で頑張りたい」。連敗の悔しさを引きずることなく前を向いたものの、エースの不調がチームに響いていることは否めない。順位は14位のまま変わらなかったとはいえ、降格圏の16位G大阪との勝ち点差は「5」と迫られている。清武に残されたリーグ戦は30日の浦和戦(長居)のみ。約2年半を過ごしたクラブに感謝の思いを示すためにも、ラストマッチで意地が見たい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース