サッカー協会11年度決算、約1250万円黒字

[ 2012年6月24日 20:16 ]

 日本サッカー協会は24日の評議員会で、一般会計の収入合計が約163億3千万円となる2011年度決算を承認した。支出合計は約163億1750万円で、約1250万円の黒字となった。東日本大震災の前に組んだ予算で収入合計を約164億3500万円と見込んだが、震災の影響で減額した。

 震災の復興支援特別会計は個人寄付や協賛社の寄付、欧州サッカー連盟の義援金などを含めた収入合計が3億5400万円あり、被災地のフットボールセンターや被災クラブの本拠スタジアムの改修などに充てられた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース