ザック監督契約延長 14年ブラジルW杯終了まで

[ 2012年6月24日 06:00 ]

 日本サッカー協会が、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(59)との契約を延長したことが23日、分かった。

 協会関係者によると、1年ごとの契約更新で、14年W杯ブラジル大会終了まで指揮を執る方針。本大会の出場権を逃した場合は短縮される。ザッケローニ監督は10年8月に延長オプション付きの2年契約を結んで就任。昨年1月のアジア杯で優勝し、W杯アジア最終予選は序盤3試合で2勝1分けの勝ち点7で首位と好発進している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年6月24日のニュース