アーリア先制弾 平山に捧げる“揺りかごダンス”

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<FC東京・C大阪>後半、FC東京・長谷川アーリアジャスール(左から2人目)がゴールをきめ(左から)渡辺、米本ルーカス、高橋とゆりかごダンス

J1第15節 FC東京2-0C大阪

(6月23日 味スタ)
 5月に日本代表に初選出されたFC東京の長谷川アーリアが後半15分、鮮やかな先制ミドル弾を決めた。

 ゴール後は観客席に向かって“揺りかごパフォーマンス”で喜びを表現。「(平山)相太君に子供(第1子)が生まれたんで。スタンドの相太君とも目が合いましたよ」と話したように、右すね骨挫傷で離脱中のエースに勇気を贈るゴールでもあった。前半から果敢なプレーの連続、後半37分に足をつって交代したが、試合後には満足感を漂わせていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月24日のニュース