【若松ボート G3オールレディース】広中智紗衣 2コース差し再現なるか

[ 2024年5月23日 21:30 ]

若松では7年前に優勝経験がある広中智紗衣
Photo By スポニチ

 準優勝戦10R、広中智紗衣(43=東京)は枠なり2コースから鋭く差し切っての勝ち上がり。レース後は「エンジンは(2連対率)21%(前検時)よりいい動きをしているし、今節はペラしかしていない」と数字以上の手応えをアピールし、続けて「調整が合えばバランスが取れていい足。回った後の押しやグリップ感もある。今節はいい調整もできている。前回の整備もなじんできていると思う。優勝戦に入っても回り足はいい方」と相棒の4号機をべた褒めした。

 優勝戦は2号艇で登場。「スタートは分かっていない」と若干の課題を残すものの、当地は2017年5月27日の一般戦で優勝歴もあり「相性はいいと思っているし、優勝戦も頑張ります」と闘志を燃やしている。黒カポックを身にまとって差し抜けるという準優勝戦の再現を決め、3月13日の津男女W優勝戦以来となる今年2回目の優勝(通算では9回目)といくか。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月23日のニュース