【日本ダービー】アーバンシック 上々の伸び脚、武井師「迫力に力強さが出た」

[ 2024年5月23日 05:18 ]

横山武を背に併せで追い切るアーバンシック(左)(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 皐月賞4着アーバンシックはWコースで横山武が騎乗。先行したゴーゴーユタカ(5歳オープン)を外から馬なりで捉えて半馬身先着した。ラスト1Fは10秒9と上々の伸び。

 武井師は「申し分ない。(僚馬を)抜く時の迫力に力強さが出た」と納得の表情。消耗戦になった皐月賞を経て充実度は上昇。「本気で疲れたのを乗り越えたのが大きかった。状態は上げられている」と力を込めた。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月23日のニュース