【浦和3R】平山真希調教師が通算500勝「重賞を勝てるような馬づくりを目標に頑張っていきたい」

[ 2024年5月23日 15:34 ]

浦和3Rを制した吉留(右)と記念写真に納まる平山師
Photo By スポニチ

 平山真希調教師(43=浦和)が23日の浦和競馬4日目3Rをポップコーンで勝利。地方競馬通算500勝を達成した。

 平山師は「浦和で達成できて良かった。馬が好きという気持ちだけでやってきた。人、馬に恵まれ、幸せです」と笑顔。「重賞を勝てるような馬づくりを目標にこれからも頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 ばんえいを含む地方競馬の女性調教師は史上9人(現役7人)。谷あゆみ師(ばんえい)が500勝を達成しているが、平地競走の調教師としては初。

 ◇平山 真希(ひらやま まき)1980年(昭55年)7月9日生まれ、千葉県出身の43歳。浦和競馬場所属の騎手として00年デビュー。通算856戦25勝。11年、調教師に転身。17年エンパイアペガサスで重賞初勝利。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月23日のニュース