【小田原競輪F1 2日目】11Rは野口裕史が押し切る「メリハリをつけて駆けられた」

[ 2024年5月23日 18:01 ]

小田原2日目11R準決を逃げ切った野口裕史
Photo By スポニチ

 小田原競輪F1の2日目が23日に行われ、S級準決3個レースが行われた。10Rは橋本壮史の逃げに乗った金子幸央が差し切り、11Rは野口裕史が突っ張り先行で力強く押し切り、12Rは逃げた菅野航基の番手から抜け出した石塚孝幸が制した。

 11Rで赤板から突っ張ってそのまま逃げ切った野口は「力を入れる場所と抜く場所を考えながら、メリハリをつけて駆けられた」とにやり。番手を回った福田知也が「野口君はここ最近で1番強い。いい時の野口君に戻っている」と感嘆するほど。決勝は石塚孝幸もついてライン3車。南関勢で確定盤独占もありそうだ。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月23日のニュース