【日本ダービー】サンライズアース 攻めビシッと、石坂師「距離はあればあるほどいい」

[ 2024年5月23日 05:18 ]

池添謙一が騎乗し、CWコース併せ馬に先着するサンライズアース(右)
Photo By 提供写真

 サンライズアースは2週続けて池添を背にCWコースへ。ユメハハテシナク(4歳1勝クラス)を6馬身追走、内から半馬身先着した。ビシッと攻めて6F83秒3~1F11秒8。

 石坂師は「抜け出してフワッとしたけど、今週も動きは良かったです」と納得の表情。前走の皐月賞12着から2F延長。「距離はあればあるほどいい。ダービーの方が合うと思います」と舞台替わりを歓迎していた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月23日のニュース