【安田記念1週前追い】ソウルラッシュ 驚速CWラスト10秒9!池江師「キレッキレだったね」

[ 2024年5月23日 05:04 ]

CWコースで速いラップを刻んだソウルラッシュ
Photo By 提供写真

 「第74回安田記念」の1週前追い切りが東西トレセンで行われた。ソウルラッシュ(牡6=池江)が切れ味を見せた。開門直後のCWコースで計時したラスト1F10秒9がこの日唯一の10秒台。スペクトログラム(5歳2勝クラス)を3馬身ほど追走、徐々に差を詰めて直線は内へ。水口(レースはモレイラ)が促すとグイグイ伸びて約4馬身先着。

 水口は「もともと動く馬ではあるけど、以前に比べて切れが増している感じがします」と絶賛した。池江師も「集中してしまいまで動けていました。はじけるような走り。キレッキレだったね。状態に関しては去年の春よりだいぶいいです」とトーンは高い。安田記念は一昨年13着で昨年9着と結果は出ていないが、6歳で充実期を迎えた。「馬が前向きになってきているのかな。普通はズブくなってくるんだけどね」と説明。三度目の正直で、いざG1初制覇へと向かう。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月23日のニュース