【日本ダービー】サンライズジパング 悔いなき調整、音無師「皐月賞よりいい状態」

[ 2024年5月23日 05:18 ]

坂路にて併せ馬で追い切るサンライズジパング(右)(撮影・亀井直樹)
Photo By スポニチ

 皐月賞9着サンライズジパングが坂路の併走追い。4F52秒4~1F12秒0でサンライズプルート(4歳1勝クラス)に1馬身半先着した。

 来年定年の音無師にとって最後のダービー。悔いなき仕上げを口にする。「思ったより速くなったが52秒台ならいい。皐月賞よりいい状態」と胸を張る。前走は「内枠で終始馬場の悪い内を通らされたから」と嘆き、巻き返しに力を込めた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月23日のニュース