【別府競輪 岡崎兼治コラム「打鐘日記」】11R 塚本の差し脚安定

[ 2024年5月23日 04:30 ]

 【11R】予選のメインを張る塚本大樹は105・09の競走得点を持つ。2度目のG1挑戦だったダービー(いわき平)は7→3→5→4着と洗礼を浴びる形になったが、F1ではコンスタントに決勝に進出。7月には熊本競輪が再開される予定で「熊本も始まるし、練習はしっかりやっている」とトレーニングに励んでいる状況だ。

 目標は乗れている立部。3番手は加倉が固める九州ラインが本線を形成する。当面の相手が近藤なら立部が圧倒できる。差し脚が安定する塚本が番手を援護。(3)=(7)―(1)(2)(4)。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月23日のニュース