【日本ダービー】シンエンペラー 動きシャープ、矢作師「皐月賞の時に比べて弾んでいた」

[ 2024年5月23日 05:14 ]

坂路で追い切るシンエンペラー(撮影・亀井直樹)
Photo By スポニチ

 シンエンペラーは坂路単走で4F54秒4~1F12秒4。シャープなフットワークで駆け上がった。矢作師は「実質的に先週が最終追い。今週は微調整。皐月賞の時に比べて弾んでいた」と太鼓判を押す。

 皐月賞は中団から脚を伸ばして5着。前走から2F延長には「引っかからないので距離は問題ない。東京の新馬戦(1着)が最もいい走りをした。舞台はいいですね」と自信を持って送り出す。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月23日のニュース