【葵S】エトヴプレ 距離短縮で期待、藤岡師「オークス?これっぽっちも考えなかったよ」

[ 2024年5月23日 05:06 ]

藤岡佑介が騎乗し、併せ馬に先着したエトヴプレ(右)
Photo By 提供写真

 エトヴプレ(牝3=藤岡)は桜花賞5着からオークスに向かうことなく距離を縮めた。2歳時に5走経験した1200メートルへ。藤岡師は「オークス?これっぽっちも考えなかったよ」と適性距離を強調。

 追い切りはCWコースでモズミギカタアガリ(3歳オープン)と併せてラスト1F11秒3、半馬身先着した。手綱を取った藤岡は「桜花賞があったので千六仕様にしていたけど、本質は短距離馬」と期待を膨らませた。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月23日のニュース