×

気象予報士の依田司氏が新型コロナ感染 テレ朝「グッド!モーニング」など当面休演

[ 2021年6月29日 17:22 ]

 テレビ朝日「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)などでおなじみの気象予報士・依田司氏(55)が29日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスに感染したと報告した。出演番組「グッド!モーニング」「サタデーステーション」(土曜後8・54)は当面休演する。ワクチンの副反応と思われた「私に出ていた症状は新型コロナウイルスによるものです」と訂正、謝罪した。

 27日には新型コロナウイルスのワクチンの副反応が重いと報告していたが「解熱剤で昨日(28日)朝には、平熱~微熱程度まで落ち着きました。しかし、ピーク時には一般に副反応として挙げられていない激しい咳、痰、肺の違和感があったため、救急病院にて診察とPCR検査を実施してきました。そして今朝、検査結果が届き、L―452R変異株(インド株)陽性とのことでした。保健所との聞き取り調査では、濃厚接触者なしとのご判断で、感染経路不明とのことです」と明かした。

 「緊急事態宣誓、蔓防にかかわらず、感染症対策は常に怠らず、外食も一切しませんし、仕事場ではスタッフとも隔離されますし、仕事と家の往復を貫いてきました。『グッド!モーニング』と『サタデーステーション』の仕事以外(雑誌等インタビュー、撮影、講演会、イベント司会等)はすべてお断りしてきました。そこまでしても、感染する時はしてしまうのだと虚無感に襲われています。よって、当面の間、『グッド!モーニング』と『サタデーステーション』をお休みすることになります。私はおりませんが、変わらず番組へのご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。ちなみに、現在は平熱。味覚嗅覚あり。若干のダルさがある程度です」

 「この度、新型コロナウイルスワクチンの第1回目の接種をご報告したことから、どんな副反応が出るのか、その後の経過観察をお伝えするのが責務と考えていました。しかしながら、ワクチン接種後にすぐ本来の新型コロナの症状が出てしまったため、まったく役に立たない情報になってしまいました。私に出ていた症状は新型コロナウイルスによるものです。副反応ではありません。これからワクチン接種をされる皆様に、大いなる不安と恐怖を与えてしまったものと想像しております。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

 「また、保健所の方から救急車を呼びなさいとアドバイスされた時に勝手な判断で従わなかった自分がなんと愚かなんだと今更ながら呆れ返ります。この先、保健所の方に足を向けて寝ることはないでしょう。2度目のワクチン、もちろん受けます。今回みたいなつらい思いはしたくありませんし、誰かにうつしてつらい思いをさせたくありませんから。いま私の体内にいるコロナウイルスを死滅させ、完全なる抗体が出来上がれば、その必要はないのかもしれませんが、お医者さんと相談しながら進めたいと思います。この度は、こんな私のために本当に多くの皆さまに無用なご心配をさせてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。皆さまも健康には十分に留意され、私が復帰する時には、お茶の間で元気なお姿を見せて下さいね」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年6月29日のニュース