3時のヒロイン・福田 橋下氏から絶賛評価も「私、雀荘の娘ですよ!」

[ 2021年5月16日 10:38 ]

3時のヒロイン・福田麻貴
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「3時のヒロイン」の福田麻貴(32)が15日に配信されたABEMA「NewsBAR橋下」に出演した。

 登場するなり、橋下徹氏(51)から「情報番組にすごい出てるから、僕らの領域を侵害している象徴なんです。僕らはお笑いできないけど、お笑いの人はコメンテーターもできるから、どんどん僕らの領域を狭めてきて、大変なんですよ」とけん制され、苦笑い。共演のサバンナ・高橋茂雄(45)は橋下氏に「よう言いますわ!各局で無双状態でしゃべってて」とツッコんだ。

 その高橋も、福田の情報番組からの需要の高さを「すごいな」と称賛した。橋下氏も「“容姿ネタをやめる”と、芸人の方にとってある意味、大きな武器を捨てると言われ、お笑いの世界で波紋を広げててコメンテーター向き!」と評価。恐縮した福田は「私、雀荘の娘ですよ。全然ちゃらんぽらん」と自虐的に返し、笑わせた。

 メンバーのゆめっち(26)、かなで(28)のぽっちゃり体形や、福田の顔面をイジるネタをやめると宣言し、話題を呼んだ3時のヒロイン。福田は「“コンプライアンス女芸人”みたいになってません?容姿ネタをやめると言ったことで、気難しい人間と思われてるんですけど、私はそもそもNGがない」と吐露した。橋下氏に「視聴者向きにやめるってことでしょ?」と言われ、「その通りです。相方は体形イジってほしいし、私も顔イジってほしい。でも見た人は傷つく。コンプレックスを武器にする私たちは特殊で、一般社会の価値観とは逆になってる。その辺りを考え始めて、容姿ネタをやめようと思った」と説明した。

 橋下氏は、「僕もテレビに出始めたころは暴言スタイルだった。今の時代はもうダメ。皆が納得してくれない」と話した。SNSの普及でクレームが“見える化”し、視聴者が不快に感じるような発言や企画をスポンサーが敬遠し、テレビ局もコンプライアンスをより重んじる時代になっていることを指摘。自身も最近は、「公共の財産である電波では、本人たちに同意があっても容姿を侮辱することは言っちゃダメ派」と主張していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月16日のニュース