井口綾子 シーツにからまり…足の指「剥離骨折」の診断、ラジオ番組で告白「今も負傷中」

[ 2021年5月16日 22:49 ]

タレントの井口綾子
Photo By スポニチ

 タレント、井口綾子(24)が16日放送のTBSラジオ「川島明のねごと」(日曜後7・00)に出演し、足を剥離骨折したと明かした。

 寝具へのこだわりを語る場面。暑がりという井口は、「ちょっとヒヤッとするようなシーツが良い。わざわざヒヤッとした専用のものは買わないけど、ちょっとテロテロした、ツルツルした素材のものにしている」と話した。

 先日、自宅のベッドに入りトイレに行こうとしたところ、「ツルツルのシーツに(足が)からまって。足の指を折っちゃったんですよ」と告白。「今も負傷中なんですけど」と続けた。番組MCの麒麟・川島明(42)は「はぁっ!?結構な事故じゃない」とビックリだ。

 井口は足に激痛が走ったと振り返るも、「眠いし対処法が分からないので、痛いまま二度寝して」。翌日は痛みを押して仕事したが回復しなかったため病院へ。「剥離骨折しています」と診断されたという。川島に「ちょっと骨が弱っているのかな」と心配され、「そうなんですかねぇ」と返していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年5月16日のニュース