石橋貴明、朗希デビュー戦での始球式!「最高の気持ち」 球速は「148.4(イシバシ)」キロ?

[ 2021年5月16日 13:58 ]

<ロ・西9>始球式の石橋貴明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(59)がロッテ―西武(ZOZOマリン)で始球式を務めた。

 石橋は、登場前に球場のビジョンで「ティモンディには負けない!」と宣言。背番号16のユニホームを着て、リリーフカーに乗って登場した。一塁についていたレアードの横を、寿司を握るポーズをしながらグラウンドへ。先発の佐々木朗に配慮してかマウンドには上がらず、やや手前からの投球となった。打席には西武の1番・若林が立っていたが、西武ベンチに「来い!」とリアル野球盤ばりに4番・山川を指名。挑戦状をたたきつけ、振りかぶって投球し、外角低めのボール球だったが満足げだった。球速は「148.4(イシバシ)」と表示された。去り際には「きょうは佐々木君を応援しましょう!魂!」と絶叫した。

 始球式を発表した際には「何十年ぶりかの始球式!魂!」とコメントしていた。強豪・帝京野球部で投手を務めた1メートル82の石橋から、この日がデビュー戦となった1メートル90の佐々木朗へ「長身リレー」となった。

 かつてYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」では、井口監督が取材を受けるだけでなく、この日デビュー戦となった佐々木朗もビデオメッセージを送ったことがある。

 石橋はこの日朝、パーソナリティを務めるTBSラジオ「日本生命 presents 石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)に出演。19年ドラフト1位の佐々木朗希がデビュー戦前の始球式とあって「佐々木朗希投手、球界の宝がデビューする素晴らしい日曜日、ビューティフルサンデーですよ、みなさん」と興奮冷めやらぬ様子。「本当に佐々木君のためにいい日曜日にしてもらいたい」とエールをおくっていた。

 ▼石橋貴明「何十年ぶりの始球式。ドジャースタジアムでドジャースで投げて以来かもしれないです。やっぱり、お客様に見守られて投げるというのは最高の気持ちですね。プロ野球界の宝の船出に参加することができてうれしかったです。(佐々木朗希選手は)本当にこれからの千葉ロッテマリーンズを、いや球界を背負って立つ大エースになることを願っています。本日はありがとうございました。私、160キロ、出ていましたよね?(笑)」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月16日のニュース