ほんこん「干されたらええねん!」 “遅刻癖”M-1ファイナリストにマジ説教

[ 2021年2月21日 14:37 ]

お笑いタレント・ほんこん
Photo By スポニチ

 お笑いタレント、ほんこん(57)が21日放送の関西テレビ「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演。お笑いコンビ「オズワルド」伊藤俊介(31)に本気のトーンで説教した。

 今回は今年1月・2月の放送から、スタジオがヤバい空気になった未公開シーンを紹介。M-1グランプリ2019、2020でファイナリストとなった伊藤には遅刻癖があり、深酒してしまうことも要因という。そのことを知ったほんこんは、「酒はやめたんでええ。遅刻するのはそいつが悪いねんから、干されたらええねん!」と切り捨てた。芸人の仕事について、「やっていると思ったらアカンねん、やらせてもらってんねんで。それを考えな」と強調した。

 その後、ほんこんは相方・板尾創路(57)と「ケンカ」したエピソードを披露。集合時間ギリギリに到着した板尾が「来たからええやろ」と発言したそうで、「俺ら早く入って、誰かがトチったら代わらなきゃアカン時もあるやないか。そうやって寄席ってなってんねん!って言った」と振り返った。

 先日、お笑いトリオ・ロバートの山本博(42)が現場に遅刻した際、同トリオがそろってほんこんに謝罪しに来たと告白。「顔を見たら分かる、秋山と馬場ちゃんも真剣に謝っている顔を見たら(山本は遅刻を)もうできへんと思う。それでやんねんやったら辞めてまえ、芸人って思うねん」と語気を強めた。

 ほんこんの勢いに対して、伊藤は「本当に何にも言葉出てこないですね…。今までも怒られたりしたんですけど、時間の密度が違う」と反省した。「みんなの時間をムダにすんねんからね、君の遅刻で、その責任取られへんやろ」との言葉を受け、消え入るような声で「取れないです」と返した。MCの東野幸治(53)は「今度2人でロケしてほしいわ」と要望し、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月21日のニュース