石原さとみ 結婚発表後初ドラマで寺尾聰、向井理と初共演 テレ東「人生最高の贈りもの」

[ 2020年12月8日 11:00 ]

新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」に出演する(上段左から)寺尾聰、向井理(下段左から)勝地涼、キムラ緑子、角野卓造
Photo By 提供写真

 テレビ東京は8日、女優の石原さとみ(33)が主演を務める来年1月4日放送の新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」(後8・00)の主要キャストとして、新たに寺尾聰(73)、向井理(38)、勝地涼(34)、キムラ緑子(59)、角野卓造(72)の出演が決まったと発表した。

 石原にとっては、今年10月に同年代の会社員男性との結婚を発表後、初のドラマ出演。寺尾は石原演じる主人公・田渕ゆり子の父親で元大学講師の翻訳家・笹井亮介、向井は笹井の元教え子でゆり子の夫・田渕繁行、勝地は亮介の担当編集者である野村、キムラは笹井家のご近所さんの原口光代、角野は亮介の古くからの友人である田辺正一をそれぞれ演じる。脚本を岡田惠和氏、演出は石橋冠氏が手掛ける。

 今作は自身の余命がわずかであることを知った主人公が、突然実家に帰省するところから始まる。娘の運命を知った父はその運命をどう受け入れ、どう向きあい、どんな同じ時を過ごすのか。そして余命わずかな娘が胸に秘めていたある決断とは――父と娘の親子の絆の物語が描かれる。

 「台本を読んでみて、俳優という仕事をしていてもそうしょっちゅう出会えるわけじゃない、10年に一本出会えたらラッキーだというくらい良いシナリオで、久しぶりに鼻をすすったし、読みごたえを感じました」と作品について語った寺尾。石原とは初共演となるが、「一緒に芝居をできることを楽しみにしていました。実際にやってみると、とてもよかった。表情も豊かで、演技も自然だった。やってるうちに『本当の父娘』のような気がしてく るほどでしたね」と振り返った。

 向井も石原とは「ご一緒するのは初めて」という。「はじめて台本を読んだとき、少しファンタジーのような印象で、現実的な話なのにどこかメルヘンチックな感じがしました。視聴者のみなさんに、お芝居を通して親子の関係や夫婦の関係、それぞれの関係を伝え、この作品の何か不思議なあたたかさを感じてもらえたらいいなと思います」と見どころを語っている。

 番組を制作するテレビ東京の田淵俊彦プロデューサーは「今回のドラマの大きな見どころの一つは石原さとみさんの『泣き笑い』の顔だが、それに応える寺尾さんの表情が変幻自在で素晴らしい。またそんな父と娘を取り巻くキャストの皆さんが見事である。父娘を見守るような向井さんの感情を抑えた表現。キムラさん、勝地さん、角野さんのそれぞれの役柄の持ち場を充分に理解し、最大限に表現する職人芸のような至極の演技。新しい年の幕開けに、じっくりと堪能していただきたい」とアピールしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月8日のニュース