坂上忍 伊勢谷友介被告の保釈時の謝罪に「かっこいいと思っちゃった」

[ 2020年10月1日 12:57 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(53)が1日、フジテレビ「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に出演。大麻取締法違反(所持)罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)が9月30日に勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈される姿に「かっこいいと思っちゃった」と本音をもらす場面があった。

 伊勢谷被告は午後7時半すぎ、黒いスーツに黒いネクタイ姿で正面口に姿を見せ、集まった約200人の報道陣を見渡すと「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と4秒間、頭を下げた。「なぜ大麻に手を出したのか」「ファンにひと言」など質問が飛び交ったが、応じることなく、黒いワンボックスカーに乗り込んで署を後にした。

 番組では、この謝罪シーンに、一部で「映画のワンシーンみたい」などと賛同の声があることを紹介。坂上が「僕の立場で言わないほうがいいのかもしれないけど」と前置きし「出てきた時、かっこいいと思っちゃった」とポロリ。「あの堂々としたたたずまいというか、やっぱりバイキングやらせてもらって6年半、なかなかあそこまで堂に入ってる人って見たことない。4秒も納得。たまに20何秒とかあるけどさすがに長すぎだろうって思う。普通これぐらいだろうなと」と私見を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年10月1日のニュース